B型肝炎給付金の受給資格18年02月05日18年02月15日管理者

お金B型肝炎給付金の受給資格について説明します。受給資格があるのは、一次感染者・二次感染者・三次感染者です。万一すでに一次感染者・二次感染者・三次感染者である人が亡くなっている場合は、相続人が給付金を受け取ることができます。

一次感染者は、B型肝炎の集団予防接種で注射針の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染させられた人です。二次感染者は一次感染者だった母親からの母子感染か、父親からの父子感染によりB型肝炎ウイルスに感染した人です。三次感染者は二次感染者からの母子感染か父子感染でB型肝炎ウイルスに感染した人になります。

ただしいずれかに該当しB型肝炎に感染しているとしても、それぞれに受ける資格があるかどうかの細かいチェックが行われます。一次感染者は昭和16年生7月2日~昭和63年1月27日馬での人で、7歳までに集団予防接種を受けていて、集団予防接種以外に感染原因がないこと。

二次感染者は、母親または父親が一次感染者で、母子感染または父子感染であること。三次感染者は母親または父親が二次感染者で、母子感染または父子感染であることを証明する書類を提出し申請します。感染者によって必要書類が変わってきますし、必要書類を素人が自力で揃えるのは限界があります。

B型肝炎給付金は申請してから受理されるまでに時間がかかりますし、給付にも期限があります。期限内に申告していても受理されないと給付金を受け取れなくなってしまいます。