ネット過去に行われていたB型肝炎の集団予防接種で、注射針を使いまわすという今では考えられないようなずさんな管理をしていたため、全国で約40万人もの人がB型肝炎ウイルスに感染させられてしまいました。このことが原因でB型肝炎に感染した人や母子感染・父子感染で感染紗となった子供も、B型肝炎給付金を受け取る資格があります。自分がB型肝炎の給付金受給資格があるかどうかを確認するには、ネットで受給対象となる人の条件をチェックすればわかります。

B型肝炎は感染していてもすぐに症状が出ないので、気づかないまま過ごしてしまうことも少なくありません。症状が出た時にはすでにかなり進行していて、命を落とす人もいます。中には感染しても症状が出ないキャリアの人もいるので、B型肝炎に感染していることに気づいていないというケースもあります。自分がB型肝炎の給付金受給資格があるのに気づいていない人、気づいてはいるけどそれを証明する書類が揃えられないので、申請を諦めてしまった人などもいます。

全部で約40万人とも言われる対象者のうち、給付金を受け取っているのはたった5%だけだと言われています。自分で書類を用意できないなら弁護士に依頼すれば、手続きなども全て代行してもらえます。

参考リンク*B型肝炎給付金手続き