期限について

頭抱えるB型肝炎の給付金は対象者であれば、申請してそれが受理されれば受け取ることができます。ただし国を相手取り訴訟を起こすことになるので、途方もないことに挑まなければいけないというイメージや、必要書類を揃える難しさなどから対象者であっても諦めてしまう人の方が多いのが現実です。

弁護士に依頼してB型肝炎の給付金の申請をしても、受理されるまでには最短でも6ヶ月かかると言われています。最短で給付金がもらえるのは稀なケースとなるので、実際には1年以上かかることになります。給付金がいつでも受け取れるなら、急ぐ必要はないかもしれません。しかしB型肝炎の給付金の慰謝料には期限があるので、期限内に申請して受理されないと対象者であっても給付金が受け取れなくなってしまいます。

期限は平成34年1月12日です。以前に少し延期されていますが、今後延期されるかどうかは未定です。もし延期されない場合は、受理までの時間を考えると今すぐにでも行動に移した方がいいでしょう。受け取れる給付の額は症状によって違いますが、数百万円~数千万円もらえる人もいます。これは国も責任を認めていることなので、B型肝炎の給付金を受け取る資格がある人は、すぐにでも申請のために行動することをおすすめします。



受給資格の確認方法

ネット過去に行われていたB型肝炎の集団予防接種で、注射針を使いまわすという今では考えられないようなずさんな管理をしていたため、全国で約40万人もの人がB型肝炎ウイルスに感染させられてしまいました。このことが原因でB型肝炎に感染した人や母子感染・父子感染で感染紗となった子供も、B型肝炎給付金を受け取る資格があります。自分がB型肝炎の給付金受給資格があるかどうかを確認するには、ネットで受給対象となる人の条件をチェックすればわかります。

B型肝炎は感染していてもすぐに症状が出ないので、気づかないまま過ごしてしまうことも少なくありません。症状が出た時にはすでにかなり進行していて、命を落とす人もいます。中には感染しても症状が出ないキャリアの人もいるので、B型肝炎に感染していることに気づいていないというケースもあります。自分がB型肝炎の給付金受給資格があるのに気づいていない人、気づいてはいるけどそれを証明する書類が揃えられないので、申請を諦めてしまった人などもいます。

全部で約40万人とも言われる対象者のうち、給付金を受け取っているのはたった5%だけだと言われています。自分で書類を用意できないなら弁護士に依頼すれば、手続きなども全て代行してもらえます。

参考リンク*B型肝炎給付金手続き



B型肝炎給付金の受給資格

お金B型肝炎給付金の受給資格について説明します。受給資格があるのは、一次感染者・二次感染者・三次感染者です。万一すでに一次感染者・二次感染者・三次感染者である人が亡くなっている場合は、相続人が給付金を受け取ることができます。

一次感染者は、B型肝炎の集団予防接種で注射針の使い回しによってB型肝炎ウイルスに感染させられた人です。二次感染者は一次感染者だった母親からの母子感染か、父親からの父子感染によりB型肝炎ウイルスに感染した人です。三次感染者は二次感染者からの母子感染か父子感染でB型肝炎ウイルスに感染した人になります。

ただしいずれかに該当しB型肝炎に感染しているとしても、それぞれに受ける資格があるかどうかの細かいチェックが行われます。一次感染者は昭和16年生7月2日~昭和63年1月27日馬での人で、7歳までに集団予防接種を受けていて、集団予防接種以外に感染原因がないこと。

二次感染者は、母親または父親が一次感染者で、母子感染または父子感染であること。三次感染者は母親または父親が二次感染者で、母子感染または父子感染であることを証明する書類を提出し申請します。感染者によって必要書類が変わってきますし、必要書類を素人が自力で揃えるのは限界があります。

B型肝炎給付金は申請してから受理されるまでに時間がかかりますし、給付にも期限があります。期限内に申告していても受理されないと給付金を受け取れなくなってしまいます。